SCCT Japan International Regional Committee

第11回SCCT研究会(日本心臓CT研究会) プログラム

「病態生理から心臓大血管CTの将来展望を考える」

 

JA共済ビルカンファレンスホール

東京都千代田区平河町2-7-9 JA共済ビル 1F アクセス

参加費

医師・企業  5000円
研修医・コメディカル 3000円

プログラム

9:30-9:35
開会の辞
会長 
小松 誠(大阪暁明館病院 心臓血管病センター長)
9:35-10:35
一般演題(講演5分、質疑2分)
座 長
中里 良
(聖路加国際病院 心血管センター)
立神 史稔
(広島大学 放射線診断科)
1.負荷ダイナミック心筋CT Perfusion検査による心筋血流定量評価パラメーター(Perfused Capillary Blood Volume)の冠動脈病変診断能に関する検討
横井敬弘(愛媛大学 放射線科)
2.中等度狭窄症例におけるCT-FFR診断精度
上田 年男(新古賀病院 診療放射線課)
3.AMI例のPCI直後CT遅延造影に関する検討
山崎 真一(市立秋田総合病院 放射線科)
4.Mitral annular calcium、aortic valve calcium、thoracic aortic calcium: その相互関係と冠動脈所見との関係
岩崎 孝一朗(赤穂中央病院 循環器科)
5. PAD CADに対する冠動脈サブトラクション+全身血管撮影が有用であった一例
坂本 和翔(福岡山王病院 放射線室)
6.心臓CTが人工弁置換術後感染性心内膜炎の診断に有用であった3例
蔵垣内 敬(兵庫県立尼崎総合医療センター 循環器内科)
7.320列ADCTを用いた冠動脈サブトラクションCT Angiographyにおけるミスレジストレーションの基礎的検討
Han Ni Htun(順天堂大学医学部附属順天堂医院 放射線部)
8.2層検出器搭載Spectral CTにおけるTriple Rule-Out撮影
佐々木 康二(札幌心臓血管クリニック 診療放射線部)
10:45-12:15
シンポジウム1「心臓CTでの機能評価:FFR-CTの将来展望」
座 長
陣崎 雅弘
(慶応義塾大学 放射線科学教室)
赤阪 隆史
(和歌山県立医科大学 循環器内科)
1.FFR-CTの原理と可能性について
大竹 寛雅(神戸大学 循環器内科)
2.心臓CTによるFFRの臨床応用
川崎 友裕(新古賀病院 心臓血管センター)
3.FFR-CTで登録・検証すべきこと:我が国に残された課題
香坂 俊(慶應義塾大学 循環器内科)
4.指定発言
高木 英誠(岩手医科大学 循環器放射線科)
 
12:25-13:25
ランチョンセミナー「留学の学術的意義について」
座 長
木村 文子(PSIクリニック)
マウントサイナイ医科大学での循環器molecular imagingに関する研究
中原 健裕 (マウントサイナイ医科大学 循環器内科)
共催:バイエル薬品
留学をお薦めする5つの理由と、留学を考えている人へのささやかなアドバイス
隈丸 加奈子 (順天堂大学 放射線科)
共催:エーザイ
海外留学で得られるものは?
倉田 聖  (愛媛大学 放射線科)
共催:富士製薬
 
13:35-14:05
海外特別講演
座 長
松本 直也(日本大学病院 循環器内科)
“Beyond Stenosis: Ischemia and Plaque Assessments by Coronary CTA”
Dr. Daniel S. Berman, MD. (Cedars-Sinai Medical Center)
 
共催:Heartflow
 
14:05-14:20
事務局報告
代表
望月 輝一(愛媛大学大学院 放射線医学)
 
14:20-15:50
シンポジウム2「大血管の診断・治療におけるCTの役割と将来展望」
座 長
林 宏光(日本医科大学 放射線医学)
平山 篤志(日本大学循環器内科学)
1. 基調講演:血管画像診断に何を望むか…。
児玉 和久(大阪暁明館病院)
2. 大動脈内視鏡
小松 誠(大阪暁明館病院 心臓血管病センター)
3. 血流維持型血管内視鏡を用いた大動脈プラークの病理学的検討
由谷 親夫(尼崎中央病院 病理診断科)
4. ビデオライブ 血流維持型血管内視鏡でみる急性大動脈症候群・下肢塞栓
~今後のCTに求めるもの~
高橋 覚(大阪暁明館病院 心臓血管病センター)
5. 超高精細CTを用いた大動脈の診断
田中 良一(岩手医科大学 放射線医学講座)
 
共催:第一三共
 
16:00-16:40
委員会報告
座 長
佐久間 肇(三重大学 放射線科)
平野 雅春(東京医科大学 循環器内科学分野)
1.教育委員会
小山 靖史 (桜橋渡辺病院 心臓血管センター)
2.ガイドライン委員会
CAD-RADS冠動脈疾患 - 報告およびデータシステム
林 宏光 (日本医科大学 放射線医学)
 
16:50-17:50
教育セッション「撮影の実践からレポートの作成まで:医師と技師とのコラボレーション 」
座 長
吉岡 邦浩(岩手医科大学 循環器放射線科)
元山 貞子(藤田保健衛生大学 循環器内科)
1.熊本中央病院
IQon Spectral CTによる心臓CT撮影の実践
本田 恵一(放射線部)
2層検出器IQonスペクトラルCTの有用性-reportingに関して
片平 和博(放射線科)
2.江戸川病院
Myocardium CT Dynamic Perfusionの撮影テクニック
佐藤 英幸(放射線科)
虚血診断における負荷Perfusion CTの有用性
菊池 達郎(循環器内科)
3.熊本大学
心臓CT: 熊本大学での考え方と実際
坂部 大介(放射線部)
心臓CTの読影レポート:カルシウムスコアから冠動脈CTA
宇都宮 大輔(画像動態応用医学)
 
共催:フィリップス、GE、東芝
 
17:50-
閉会の辞
 

>>TOP

 

SCCT研究会 事務局
TEL:089-960-5370 
info@scct.jp